セキュリティ クラウド

次世代エンドポイントセキュリティ

従来のアンチウイルス製品をすり抜けるような脅威の検出と、侵入後に感染端末を遠隔から隔離するEDR製品です。エンドポイントのプロセスを可視化することで端末の調査/復旧をサポートします。製品の運用サービスもご用意しております。

エンドポイントセキュリティでこのようなお悩みはありませんか?

  • 社員にテレワークを実施させたいがセキュリティが不安で踏み出せない
  • 社内から便利なフリーソフトを利用したいとの声が上がっているがセキュリティ面から許可をすることができない
  • ゼロトラスト実現に向けて何をしたらよいか分からない
エンドポイントセキュリティ/EDR「TrustShelter/EPP」で解決!

TrustShelter/EPPは、マルウェアはもちろん、未知の脅威やランサムウェア、ファイルレスマルウェアをはじめとした、次世代のあらゆる攻撃によるセキュリティリスクに対応したEDR製品です。 エンドポイントのセキュリティを強化することで、ゼロトラストの実現をサポートします。 また各種支援サービスにより、ご利用者様のエンドポイントの脅威の防御や除去、調査のご支援させていただきます。

 
イメージ

ゼロトラストの実現とEDR

テレワークの普及とともに、エンドポイント保護の重要性が高まっています。 社用PC持ち出しやBYODにより、社内外の境界は曖昧になり、「ゼロトラスト」というキーワードが注目されるようになりました。 すべての通信を信用しないゼロトラスト実現のアプローチの1つとして、 EDR(Endpoint Detection and Response)が有効とされています。 EDRを導入することにより、万が一未知の脅威に端末に侵入された場合も高い精度での検知が可能です。
あらゆる攻撃の阻止、脅威の検出・可視化を実現し、お客様のセキュリティギャップを解消します。TrustShelter/EPPは、企業内のエンドポイント(ネットワークに繋がっているPCやサーバーなどの端末)がランサムウェアやファイルレスマルウェア、標的型攻撃を受けた際のサポートをします。 管理画面から対象の端末をネットワークから切り離すことができるうえ、攻撃の手法や利用された脆弱性などを調べることもできるため、端末復旧までの時間短縮や管理コストの削減も実現します。
TrustShelter/EPPの画面イメージ
  • 製品の特長
  • サービスプラン
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

製品の特長

  • イメージ

    エンドポイントのプロセスを 可視化し、脅威を検知

  • イメージ

    感染した端末を隔離

  • イメージ

    隔離した端末の調査/復旧支援

製品の特長のイメージ 製品の特長のイメージ

従来のアンチウイルスをすり抜ける攻撃をブロック

ユーザーの利便性を損なわず、既知/未知マルウェアから端末を防御

  • 既知のマルウェアのブロックはもちろん、正規のアプリケーションを悪用した攻撃にも対応
  • 機械学習や振る舞い検知を利用することで、ファイルレスマルウェアやランサムウェアもブロック
  • ワールドワイドクラスのセキュリティナレッジの活用

遠隔から端末を隔離/調査/復旧

端末の利用者へのヒアリング、現場確認が不要

  • マルウェア感染した端末を遠隔から隔離
  • 端末の隔離後、コマンドラインで調査が可能
  • マルウェアの挙動はもちろん、通常時のアプリケーションのプロセスを可視化

日本に向けたEDR

海外製品を扱う不安を払拭

  • コンソールが日本語に対応
  • EDRの管理サーバ地域に日本を指定可能(保存するデータはすべて国内)

24/365の充実サポート

運用が難しいと言われるEDRの運用をサポート

  • お客様のEDR環境を24時間365日監視、脅威への一次対応を実施
  • EDR初期セットアップや遠隔からの端末隔離、フォレンジック等、お客様のご要望に応じたさまざまなサービスをご用意
詳細は、サービスプランページをご覧ください。

機能一覧

機能 機能概要
検知/防御機能 既知のマルウェアの検知/防御に加え、未知のマルウェアなども、機械学習や振る舞い検知を利用することで、検知/防御します。
隔離機能 マルウェアに感染した端末を、遠隔から隔離します。
調査機能 端末の情報を収集、脅威のプロセスを可視化することで、インシデントの調査を支援します。
復旧機能 ウイルスやマルウェアに感染した端末から、脅威の除去およびクリーンアップを支援します。管理画面から感染した端末をネットワークから切り離すことが可能です。

次世代エンドポイントセキュリティ「TrustShelter/EPP」