セキュリティ クラウド

次世代エンドポイントセキュリティ

従来のアンチウイルス製品をすり抜けるような脅威の検出と、侵入後の対応を可能にします。強固な防御機能を持つNGAV機能と、侵入を前提にした対策を可能とするEDR機能の両方を1つで提供するため、個別導入するよりも費用削減とユーザーの負担軽減を実現します。

エンドポイントにおける脅威の検出

エンドポイントへの高度なサイバー攻撃への対処が必要な中、未知の脅威や暗号化通信に潜む脅威などの攻撃を検知・防御だけでなく、インシデント発生時にクリーンアップ(初期化など)、攻撃の影響範囲の調査、原因の特定、再発予防のための対策立案、適用、維持を行う必要があります。

TrustShelter/EPPは、マルウェアやランサムウェアをはじめとした、次世代のあらゆる攻撃によるセキュリティリスクに対応します。お客様がより多くの攻撃を防御し、脅威を認知できるようになることで、より多くのセキュリティギャップを埋める助けとなります。

イメージ
次世代エンドポイントセキュリティ「TrustShelter/EPP」で解決!
あらゆる攻撃の阻止、脅威の検出・可視化を実現し、お客様のセキュリティギャップを解消します。

TrustShelter/EPPは、企業内のエンドポイント(ネットワークに繋がっているPCやサーバーなどの端末)がランサムウェアや標的型攻撃を受けた際のサポートをします。

管理画面から対象の端末をネットワークから切り離すことができるうえ、攻撃の手法や利用された脆弱性などを調べることもできるため、端末復旧までの時間短縮や管理コストの削減も実現します。

TrustShelter/EPPの画面イメージ
  • 製品の特長
  • サービスプラン
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

製品の特長

  • イメージ

    エンドポイント上の全てのアクティビティを継続的に記録

  • イメージ

    非マルウェア攻撃などの多様な攻撃を防御

  • イメージ

    脅威の検出・防御・調査・復旧を本製品のみに一元化

  • EDRで、今まで気づかなかったインシデントを検知し、被害を最小限に抑えます。
  • マルウェアはもちろん、既存のアンチウイルス製品では防御できないような非マルウェア(※1)攻撃も防御します。
  • すべての行動を記録するため、調査が容易。対応費用を削減します。
  • オンラインでのネットワーク分離による調査・復旧が可能(※2)
  • ワールドワイドクラスのセキュリティナレッジの活用

※1 非マルウェア:バイナリファイルを用いずに、PowerShellなどの正規のアプリケーションを利用したり、脆弱性を悪用したりするような攻撃
※2 リモートからの対象端末をCUIで操作する機能(Live Response)

製品の特長のイメージ製品の特長のイメージ

機能一覧

機能 機能概要
Next Generation AntiVirus<次世代アンチウイルス> 既知の脅威やマルウェアの情報を、機械学習や振る舞い検出といった防御のための様々な手法に活用することで、未知の攻撃を予測し、エンドポイントを防御します。
ENDPOINT DETECTION & RESPONSE<エンドポイントの脅威の検知と事後対応> 脅威の侵入は避けられないことを前提に、侵入後の脅威の振る舞いを記録し、迅速で適切な対応をするためのサポートをします。
REMEDIATION<復旧> ウイルスやマルウェアに感染した端末から、脅威の除去およびクリーンアップを支援します。
管理画面から感染した端末をネットワークから切り離すことが可能です。

次世代エンドポイントセキュリティ「TrustShelter/EPP」