セキュリティ クラウド

次世代エンドポイントセキュリティ

従来のアンチウイルス製品をすり抜けるような脅威の検出と、侵入後の対応を可能にします。強固な防御機能を持つNGAV機能と、侵入を前提にした対策を可能とするEDR機能の両方を1つで提供するため、個別導入するよりも費用削減とユーザーの負担軽減を実現します。

従来のアンチウィルスで防げない
マルウェアの出現とEDR

昨今のエンドポイントを標的とした巧妙な攻撃は、従来のアンチウイルスで防ぐことはできません。非マルウェア(ファイルレスマルウェア)と呼ばれるマルウェアはシグネチャがないため、従来のアンチウイルスでは防御できないのです。さらにランサムウェアによる被害も増加の一途を辿っています。このような脅威に対しては、EDR(Endpoint Detection and Response)を導入し、脅威侵入後に感染端末を隔離し、端末の調査/復旧を行う必要があります。

TrustShelter/EPPは、マルウェアはもちろん、非マルウェア(ファイルレスマルウェア)やランサムウェアをはじめとした、次世代のあらゆる攻撃によるセキュリティリスクに対応したEDR製品です。ご利用者様のエンドポイントの脅威の防御や除去、調査のご支援させていただきます。

イメージ
エンドポイントセキュリティ/EDR「TrustShelter/EPP」で解決!
CarbonBlack社製品を利用、ご利用ユーザ様より好評価を頂いています。

EDRは運用が難しいと言われますが、TrustShelter/EPPが採用しているCarbonBlackはご利用ユーザ様に、「マニュアルなしでも直感的に操作ができる」「防御ルールを簡単に柔軟にカスタマイズできる」、「ユーザーのPCで何が起きているのかが分かるようになった」といったお声を頂いております。さらに、保守サポートサービスも充実しているので、安心してご利用いただけます。

TrustShelter/EPPの画面イメージ
  • 製品の特長
  • サービスプラン
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

製品の特長

  • イメージ

    エンドポイントのプロセスを
    可視化し、脅威を検知

  • イメージ

    感染した端末を隔離

  • イメージ

    隔離した端末の調査/復旧支援

製品の特長のイメージ 製品の特長のイメージ

従来のアンチウイルスをすり抜ける攻撃をブロック

ユーザーの利便性を損なわず、既知/未知マルウェアから端末を防御

  • 既知のマルウェアのブロックはもちろん、正規のアプリケーションを悪用した攻撃にも対応
  • 機械学習や振る舞い検知を利用することで、非マルウェア攻撃(ファイルレスマルウェア)やランサムウェアもブロック
  • ワールドワイドクラスのセキュリティナレッジの活用

遠隔から端末を隔離/調査/復旧

端末の利用者へのヒアリング、現場確認が不要

  • マルウェア感染した端末を遠隔から隔離
  • 端末の隔離後、コマンドラインで調査が可能
  • マルウェアの挙動はもちろん、通常時のアプリケーションのプロセスを可視化

日本に向けたEDR

海外製品を扱う不安を払拭

  • コンソールが日本語に対応
  • EDRの管理サーバ地域に日本を指定可能(保存するデータはすべて国内)

24/365の充実サポート

運用が難しいと言われるEDRの運用をサポート

  • お客様のEDR環境を24時間365日監視、脅威への一次対応を実施
  • EDR初期セットアップや遠隔からの端末隔離、フォレンジック等、お客様のご要望に応じたさまざまなサービスをご用意

詳細は、サービスプランページをご覧ください。

機能一覧

機能 機能概要
検知/防御機能 既知のマルウェアの検知/防御に加え、未知のマルウェアなども、機械学習や振る舞い検知を利用することで、検知/防御します。
隔離機能 マルウェアに感染した端末を、遠隔から隔離します。
調査機能 端末の情報を収集、脅威のプロセスを可視化することで、インシデントの調査を支援します。
復旧機能 ウイルスやマルウェアに感染した端末から、脅威の除去およびクリーンアップを支援します。管理画面から感染した端末をネットワークから切り離すことが可能です。

次世代エンドポイントセキュリティ「TrustShelter/EPP」